今日もよい日

今日もよい日

ストレスのお薬としてのヨガ。お医者さんたちも、ヨガと瞑想に注目しています。

『手軽で安価な温活』で 体調を今よりも上向きにしましょう(^_^)

 

 

補完代替医療の第一人者、川嶋 朗先生の講演をzoomで拝聴しました。

 

冷え取りに興味のある方は、川嶋先生のお名前をご存知の方も多いと思います。

 

 

安保 徹先生も過去のヨガの学会でお話になっていましたが、体温が1℃下がると免疫は30%下がり、代謝も12%下がります。

 

 

免疫が下がる

生活習慣病やがんに罹りやすくなります。

 

代謝が下がる

セロトニンドーパミンの合成も落ちるので、うつ病を発症することもあります。

 

  

 

梅雨に入り、すでに30℃を超える日もありますが、冷えや、冷えにつながる冷やし過ぎは、体によくありません。

 

講演の中で温活の方法として、川嶋先生は次の9点を挙げていらっしゃいました。

 

これらは著書にもお書きになっているそうなので、もっと詳しく知りたい方は、川嶋先生の著書をお読み下さい(^_^)/

 

 

 

『温活の9点』 

f:id:nikomakoyoga:20210602204819p:plain

 

 

私がクラスでお話ししていることばかり(^_^)

 

 

夏に向けてどんどん暑くなっていくので、冷たいものを食べたくなったり、飲みたくなることもあるでしょう。

 

 

例えば、かき氷屋さん。

 

締めに熱いお茶を出してくれるお店があります。

 

おなかの中をキンキンに冷やしっぱなしにするのではなくて、最後、温かいもので締めるのはありだと思います。

 

本当ならば、かき氷を食べなければいいのですが、我慢ばかりではつまらない(^_^;)

 

ちょっと工夫しながら、冷え対策をしていきましょう。

 

  

しかし、慢性的に体調がすぐれない方は、特に食事面で、自分に甘くするのを4週間ほどお休みしましょう。

 

 

・冷たいものを摂らない

・体を温める食材を摂る

・食べ物はよく噛んでから飲み込む

 

 

冷えないこと、冷やさないことを意識して生活することで、今よりも体調が上向きになると思います。

 

今日から始めてみませんか(^_^)?

にほんブログ村 健康ブログ ヨガ教室・ヨガインストラクターへ

 

f:id:nikomakoyoga:20210602212715j:plain

締めに熱いお茶が出てこなかったら、自分で買って飲みましょう(^_^)/