今日もよい日

今日もよい日

ストレスのお薬としてのヨガ。お医者さんたちも、ヨガと瞑想に注目しています。

案ずるより産むが易し(雪の山)

 

 

タイトルになってる

【案ずるより産むが易し】は

「新しいことが始まる前にはいろいろな心配をするが、実際に行ってみると案外たやすくできてしまうものだ」という意味のことわざです。

 

 

結果を先に書くと雪の山デビューをしました…(^_^;)

 

 

秋に信貴山の上で一人でおにぎりを食べている時、話し掛けてきて下さった女性がいました。

 

その方は日本100名山制覇まであといくつか、という超ベテランさん。

 

奈良県東吉野村にある高見山の写真を見せて下さいました。

 

そこは【関西のマッターホルン】と呼ばれるほど姿のうつくしい山で、冬の霧氷(木の枝についた霧が凍る)が有名とのこと。

 

青い空をバックに白く輝く樹木。

 

とても美しい写真の数々。

 

「わぁ~綺麗ですね~(〃'▽'〃)」と思わずつぶやいてしまうほど。

 

しかし、私は寒いの大嫌いだし、雪山の装備を揃えなければいけないし、歩くの難しそうだし、ケガしたくない、などいろいろな理由から『雪の山に行くことはないだろうな』と思っていました。

 

 

それが。

 

 

いろいろあって、雪の山に行くことになりました(^_^;)

 

 

最低限の装備は購入、その他いろいろお借りしたりして、いざ雪山。

 

 

行った日は【10年に一度の最強寒波がくる!】という予報の日(>_<)

 

「状況に応じて無理をせず、撤退もありで」と連絡がありました。

 

 

 

 

結果

 

 

強風からの暴風からの爆風(天気予報大当たり!(^_^;))

 

横殴りなんてもんじゃない雪

 

 

山小屋で暴風雪を避けつつ、この景色を見ながらお昼ごはんを食べ(^_^;)、食後、引き返しました。

 

 

とはいえ、登りも下りも、歩くところはずーっと谷筋。山の陰。

 

てっぺんのひらけたところとは大違いで爆風は届きません。

 

しかし、何か所かロープを掴みながら川を渡る場所もあり、そこはさすがに怖かったです(時々落ちる人もいるそう)。

 

川を渡るところで初めて、登山靴には防水機能があり、水が染み込まないということを教わる初心者(笑)

 

 

それ以外は、ふかふかの適度な新雪でとても歩きやすい。

 

のんびりと写真を撮ったりしながら楽しく歩くことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

無事に帰ってきて数日後…

 

今度は 一人で金剛山に登りました(^_^;)

 

 

ちょうどNHK金剛山が紹介されていて、

 

・私も秋に一度登ったことがある

・いま、雪が絶妙にいい感じらしい

 

『これは行くしかないでしょう!』という無鉄砲者(^_^;)

 

 

行った日は、女子中・高校生の登山イベントが開催されていて、なかなか賑やか。

 

それ以外の一般人はかなり少なく。

 

誰もいない

 

 

女の子たちがいる

 

雪まみれ

 

 

大阪市内を一望のはずが(^_^;)

 

静かで、誰も踏んでいない雪の上を歩きたくて、下りは予定していたコースを変え、ふっかふかの新雪の上を、静かに、でもとても楽しく歩くことができました。

 

 

想像だけで難しさと苦手意識を感じていた冬の山。

歩いてみたら、思っていたのと全然違っていました。

 

・降り積もったばかりの新雪の上を踏む時の足裏の感覚と音

・下りで足元の雪がサラサラと音を立てて崩れていくさま

・時間をかけて少しずつできあがっていった氷の美しさ

・雪に白く覆われた木々

・鳥もいないので音がなく

・青空もないので色のない世界

 

2回とも運よく困難なことがなかったので、雪の山っていいなと思うことができました。

 

 

案ずるより産むが易し。

 

ことわざの意味をしみじみと実感することができた雪の山デビューでした(^_^)

 

久し振りに 悲しみの中で溺れた(^_^;)

 

 

あるお山に登ろうと、車で1時間弱かけて向かいました。

 

車はお寺さんの駐車場に停めます。

 

登りたいお山はお寺さんそのもので、本堂の奥にあります。

 

しかしこのお寺さん、実はとても不便なところにあります。

 

一般のお参りの方も駐車場から本堂まで50分、急坂の舗装路を歩かないといけないのです。

 

 

駐車場は5~6台停めることができ、私は最後の1台のスペースに無事にIN。

 

荷物を整えたり、靴紐を締め直したり、準備体操をして。

 

『よーし、行くぞーー(^_^)/』と思った時に、車が1台入ってきました。

 

すでに満車なので停めることはできません。

 

引き返すにしても転回が難しめのところなので、同乗の方が車から降りて誘導しています。

 

純粋にお寺さんに来られた方のようで、山登りの服ではありません。

 

ナンバーを見たら、島根ナンバー…。

 

 

『遠く島根からはるばる この不便なお寺さんにお参りに来られたのだな…。』

 

 

車を誘導している方に思わず「島根から来られたんですかー?」と話し掛けました。

 

「そうなんですー。」

 

先にも書いたように、このお寺さんは本堂まで急登を50分、私の前に入った車(登山者)も、私が停める直前に停めたばかり。

 

 

『誰もしばらく下山しないから、車が出ていくことはないだろうな…。島根からはるばる…。』

 

 

「あの !!  私(住んでいるのは)奈良なんで ここにはいつでも来られます。私、出ていくのでここに停めて下さい!」

 

「え!いいんですか !?」

 

「はい~(^_^)」

 

で、車に乗り込み発車。

 

バックミラーで見たら、運転されている方もぺこぺこと何度もお辞儀をされていました。

 

 

山道を下りてきて『へへへー、いいことしたー(^_^)』と思いながら、別のお寺へ。

 

そのお寺の奥にも、別の登れるお山があるのです。

 

山に登るという目的は達成できます(笑)

 

いい気持ちで山に登り、下りて、お寺の境内を散策。

 

 

人がいなくて、とても静か。

 

おひさま出ていて気温もちょうどよく気持ちいい…。

 

おおっ!大好きな【如意輪観音】があるらしい!

 

室生寺で見て大好きになった仏様が、このお寺にもいらっしゃるなんて(^_^)

 

 

秘仏なので実物を拝むことはできませんでしたが【如意輪観音】の写真とか絵がいろいろ。

 

うっとり~(笑)

 

他にも狩野派の屏風絵のレプリカ(ピカピカ)や、壁に描かれた天女の絵も素晴らしく。

 

 

写真もSNSもOKと掲示してあったので、遠慮なく(^_^)

 

 

このありがたい空間をひとり占め。ゆっくり見ることができました。

 

『これはさっきいいことしたご褒美に違いない~(^_^)』と とても満たされた気持ちに。

 

 

 

で、後日、この日あったあれこれを聞いてもらいました。

 

 

返ってきた第一声が

「アホちゃう?」

 

 

えええぇぇぇぇ… アホって……

 

 

「わざわざ時間かけて運転してって、目的の山に登らずに帰ってきたんでしょ?」← 確かににそうだけどさ…

 

 

ものすごく悲しい気持ちになり、3日間くらいその悲しみの中で時々溺れていました…(^_^;)

 

 

この悲しい気持ちがどこから来るのか、瞑想のお題に。転んでもただでは起きない(笑)

 

悲しい気持ちの裏には

【いいことした私を褒めてほしい】

という欲があったのでした。

 

 

ヨガの教えの中に

【行為の結果に執着しない】

  というものがあります。

 

 

私は【自分がそうしたいと思ったから駐車スペースをお譲りした】

 

ここで完結しているのがあるべき姿だったのです。

 

誰かに褒めてほしいというのは、余計な欲なのでした。

 

欲張ったばかりに、求めるものを得られなくて悲しくなるという(^_^;)

 

まだまだ修行が足りません(^_^;)

 

精進します。

 

こちらが如意輪観音菩薩

年末年始のことと 2023年は運がよさそうで年明けから気分がいい(笑)

 

 

◆12/28(水)…2022年仕事納め

 

 

◆12/29(木)…2022年登り納め

 

 

◆12/30(金)~31(土)…迎春準備いろいろ



 

◆1/1(日)…山の上から初日の出を見る

 

 

◆1/2(月)…不思議な巨石を見るために山の中を駆ける

 

 

◆1/3(火)…山登りの会に飛び入り参加。

 【快足】のあだ名をもらう(笑)

 

 

◆1/4(水)…2023年仕事初め

 

 

********************

 

 

お正月はお屠蘇をこまめに仕込み、夜にちびちびと飲んでいたおかげで、年末年始の暴飲暴食にも負けず、胃袋絶好調(笑)

 

お天気もよく【山行き】で動き回っていたので、体重も少し減少。

 

メリハリのあるよい年末年始でした(^_^)

 

 

で、先日、ダウンタウンの番組で放送された【星座×血液型占いランキング】の結果を、ネットニュースで見ました。

結果だけ見られたらそれでいいタイプ(笑)

 

 

なんと、かなり上位!

 

2023最強運ランキング(1位~12位)|ダウンタウンDX

 

いろんな占いを見ていても、よさそうなことしか書いていない(笑)

 

私の2023年、よい1年になりそうです(^_^)

 

みなさまの2023年も素敵な1年になりますように。

 

本年もよろしくお願い致します。

2022年、頑張ったことは何ですか?

 

 

あちこちで「あなたの今年の漢字は何ですか?」と質問してきました。

 

瞑想のクラス以外は、どんな漢字が思い浮かんだのかをお聞きすることはしませんでしたが、自主的にお話し下さる方も結構いらっしゃいました。

 

お話を聴かせていただいて気が付いたことがあります。

 

それは

 

・ポジティブな意味合いでの漢字を挙げた人→2割

・あまりよい印象を持たない漢字を挙げた人→8割

 

だったということです。

 

 

今年の漢字について考えていただいたら次は「来年はどんな1年にしたいですか?」とお聞きするのが正しい流れ(?)だと思うのですが、あえてお伺いします。

 

 

2022年、頑張ったことは何ですか?

 

「えー、なんにも頑張ってないですー…」とおっしゃる方もいるかもしれません。

 

いやいや、そんなはずはないでしょう。

 

今、このブログを読んで下さっているということは、2022年の今この瞬間まで、絶妙なバランスと偶然で生き永らえてきたということ。

 

これに勝る頑張りはないでしょう(^_^)

 

ヨガのクラスに参加した、というのも、頑張ったことの1つだと思います。

 

毎日歯を磨いた結果、歯医者さんにかからなかった、というのもそうです。

 

夢中になるものがあった、も頑張ったことの1つ。

 

毎日仕事に行ったのも、すごい頑張りです。

 

 

 

私たちは毎日頑張って生きています。

 

なんとなく生きているようで、実はそうじゃない。

 

当たり前に思えるようなことも、実は頑張りの上にあったりします。

 

 

先ほど「頑張ってないですー…」と思った方にもう1度お聞きします。

 

 

2022年、頑張ったことは何ですか?

 

 

 

いくつか思い浮かびましたよね?

 

 

私たちは自分にダメ出しするのはとても上手ですが、逆に自分を褒めることは苦手だったりします。

 

 

頑張った自分を褒めましょう(^_^)

 

来年をどんな年にしたいかは、まず自分の頑張りを認めて、それを褒めてから考えたらいいのです。

 

新しい年がやってくる前に、頑張ったことを思い出して、自分を褒めて褒めて褒めまくりましょう(^_^)

 

よく頑張りました!

 

 

*********

 

 

私は今日が仕事納めです。

 

2022年もいろいろな人たちとヨガしたり瞑想できて、学びも深まり、とても充実した1年でした。

 

ありがとうございました。

 

12/29(木)~1/3(火)はお休みをいただきます。

 

お問い合わせなどをいただいても、返信は1/4(水)以降になります。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

よい年の瀬をお迎えください(^_^)

 

寒い部屋でも快適に眠れるアイテム 2つ

 

 

遠く見える山には雪が積もっています。

 

先日、関西のあちこちでも積雪があったようですが、私の家の周りは積もらず。

 

 

でも寒いです(^_^;)

 

エアコンはつけずに寝ているので、朝、目が覚めると部屋の温度は10℃を下回ります。

 

でもぽかぽかで気持ちよく目が覚めます。

 

(布団から出るのにとても勇気がいりますが(^_^;))

 

 

2つのアイテムのおかげです(^_^)

 

 

アイテムその1:布団乾燥機

 

マットに温風を吹き込んで温めるタイプの布団乾燥機です。

 

ホースを突っ込むタイプより全体が早く温まります。

 

ただ、マットをセットするのが面倒という方もいらっしゃるかもしれません(^_^;)

 

 

私の使い方は、枕なども掛け布団の下に入れ、マットをのせ、その上に掛け布団をかけます。

 

寝る1時間くらい前に、20分くらいにタイマーをセット。

 

温風がお布団の中を温めていきます。

 

時間がきてタイマーが切れてもそのまま放置します。

 

寝る直前にマットを抜き去り、ほかほかの枕もよい位置にして、お布団に入ります。

 

お布団の中はちょうどいいぬくもりで幸せ(〃'▽'〃)

 

 

購入1年目は【ちょうどいい】がよくわからず、あつあつのままお布団の中に入ってしまって、なんかすっきりしない朝。

 

試行錯誤しながら後からわかったのですが、寝る時は体温が自然に下がっていくことで熟睡モードに入っていけるので、あつあつのお布団はよい眠りの妨げになってしまうのです。

 

なので、タイマーが切れたらちょっと放置して冷ましたほうがいいのです。

 

 

4~5年くらい前に買ったのですが1万円ちょっと。

 

冷え性の方

・足が冷たくて靴下履いて寝ている方

・お布団が冷たいのが苦手な方

 

に本当におすすめです。

 

 

アイテムその2:ネックウォーマー

 

フリースのネックウォーマーを頭からすっぽりかぶり、鼻は出るように位置調整します。

 

目元がすっぽり隠れるので、夜中に誰かが電気をつけたとしても気付くことは全くありません(笑)

 

頭寒足熱という言葉がありますが、気温の低い冬は頭が温かい状態の方がよく眠れます。

 

気温が低くても、顔も寒くありません。

 

 

以上、私の冬に欠かせない2つのアイテムをご紹介しました。

 

本当はもう1アイテム、【加湿器】があるのですが、今のところエアコンを使ってないので、出番はもっと寒くなってから(笑)

 

 

冬は 早寝 / 遅起き

 

寝ている時間にいろいろなものが修復され、元気になっていきます。

 

そのためのお手伝いに、布団乾燥機とネックウォーマー、おすすめです(^_^)

 

 

冷たい風も出るので、夏も使えるようです。

あなたの【今年の漢字】はなんですか?

 

 

2022年の「今年の漢字」は

【戦】だそうです。

 

主催者の漢検は、

 

ウクライナ侵攻、北朝鮮の相次ぐミサイル発射などにより「戦」争を意識した年

◆ 円安・物価高・電力不足や感染症など、生活の中で起きている身近な「戦」い 

◆ サッカーW杯や北京冬季五輪での熱「戦」、野球界での記録への挑「戦」に関心が集まる 

(サッカーに明るくない私でも、メッシにタイトルを取ってほしいと思ってました(^_^))

 

と詳しい解説をしています。

 

2022年「今年の漢字」 | 公益財団法人 日本漢字能力

 

 

私の「今年の漢字」は…

 

【山】です。すぐに思いつきました(笑)

 

以前から三輪山の登拝に時々行っていたり、二上山信貴山、京都の鞍馬寺など、ふもとから頂上まで歩くことは、なんとなく、年に何度かしていました。

 

大神(おおみわ)神社に行ってきました(奈良・桜井)/ お山に入る編 - 今日もよい日

 

 

でも酷い貧血になったことで息切れが激しくなり、疲れやすく、体がガタガタに。

 

そこから立て直した今、いう経緯があるので、体もそれほど強くはないと感じ、無理はしていませんでした。

 

 

それが。

 

壷阪寺に行ったついでに、高取城跡までの中を1時間ほど歩いてみたとき、意外と体力があることに気付きました。

 

木々の中をのんびり歩くことがとても楽しかった(^_^)

 

 

そこからです。

 

はまっちゃいました(^_^;)

 

今は山のアプリ(スマホGPS)が充実していて、地図が読めない人でもに行きやすい環境になっているのも、はまる速度を加速させました。

 

 

毎日ががらりと変わりました。

 

人生の中でもメモリアルな年になりました。

 

 

にせっせと出掛けることで体力や筋力もつきました。

 

登りする人に対してヨガがお役に立てることも、体でわかるようになりました。

 

いまのところ、いいことばかり。

 

膝などのケガに気を付けながら、長くゆっくり続けていきたいと思っています。

 

 

【山】以外で挙げるなら…

 

【試】です。

 

ここ4~5年、いくつか資格を取得してきました。

 

験を受けてきたという意味合いもあります。

 

知識が増え、それらをす機会がたくさん生まれました。

 

それは、ヨガのクラスやパーソナルクラスもそうですし、健康関連のイベントのお仕事に携わることができるように。

 

その場所その場所で、知識とこれまでの経験を総動員、喜んでいただける機会が本当に増えました。

 

誰かのお役に立てることは私の喜び。

 

これからもお勉強を続けて、行錯誤しながら、ニーズに応えていけたらと思ってます。

 

 

あなたの【今年の漢字】は何ですか?

 

背すじをすーっと伸ばして座り、目を閉じ、数分でいいので、考えてみて下さい。

 

今年1年もいろいろなことがあったと思います。

 

あなたの今年1年を表す漢字はなんですか?

 

結果をご家族や身近な方とシェアするのも面白いと思います。

 

今年の漢字を考えることは、今年1年どんな年だったのか、また、どう生きてきたのかの振り返りになります。

 

そしてそれは、2023年をよりよく生きていくための指針にもなりえると思います。

 

もしよかったら考えてみてくださいね。

 

 

壷阪寺のあじさい大仏。この日が私の人生のターニングポイント(^_^)

師走の 大都会の郵便局で。

 

 

資格の更新の時期が来ました。

 

更新料の払い込み用紙が送られてきたので、郵便局へ行きました。

 

仕事先の近くにあるので、時々利用している郵便局です。

 

 

払い込み書の記入は済んでいるので、窓口の順番待ちの機械のボタンを押して、券を取ります。

 

割と混んでいて、座るところはなく。

 

更新料、耳を揃えて用意しつつ待ちます。

 

しばらくすると番号が呼ばれたので窓口へ行き「お願いしまーす」と払い込み書を出します。

 

窓口の局員さん「これ、窓口だと手数料が417円かかります。通帳かカード、今日お持ちですか?ATMだと手数料152円で済みますが、このまま窓口でされますか?」

 

「あ、バーコードついてない払い込み書だったので、機械でできないと思ってました。通帳あります。やってきます。ありがとうございま…」

 

ありがとうございま「す」を言うか言わないかのタイミングで、局員さんはすっと立ち上がり、カウンターの中から外に出て、私の払い込み書を持ったまま歩いていきます。

 

慌てて追っかけます(笑)

 

5~6台あるATMのうち2台空いていて、局員さんが「ここにこうやって差し込みます」と払い込み書を機械に入れてくれます。

 

画面には払い込み書が表示されています。

 

次に、通帳を入れるように指示されました。

 

画面を見ながら、局員さんは先方の口座の記号番号を入力、金額も入力してくれます。

 

いったん動きを止めて「この金額であってますか?手数料(154円)はこちらに出てます。これでいいですか?」

 

早わざ…。

 

思わず「はい(^_^;)」

 

こんな経験は初めてです。

 

機械の中に入れた通帳にジジっと印字が始まり、そこで「すみません、すごく助かりました、ありがとうございますm(_ _)m」とお礼を言うと、局員さんはにっこりして「いえいえ」と言い、持ち場に戻っていきました。

 

私が無知でお手を煩わせてしまいましたが、とてもありがたいとしみじみ思いました。

 

・・・持ち場を離れて怒られなかったかな。

 

 

その日は時々、よくしていただいたことを思い出しては(よい記憶を脳内で再放送)温かい気持ちに浸っていました。

 

温かい気持ちって人の間で循環して、さらに拡がっていくと思うのです。

 

そのきっかけを下さった郵便局員さんには本当に感謝です。

 

私もそういう人でありたい(^_^)

 

 

追記:サッカー日本代表にまつわるこんな素敵なお話

【W杯】日本代表の振る舞いは「とても上品だった」 カタール拠点ホテルの従業員が明かした感銘の日々「他国と全く違った」 | フットボールゾーン

 

 

使っている通帳ケースは大好きなSNOOPYのもの。

ずいぶん前に郵便局で売っているのを見てつい(^_^)

秋の色いろいろ

 

 

雑貨屋さんの色の洪水には疲れてしまうけど

それが自然の中だと、逆に癒される。

不思議です。

 

 

金剛山(奈良・大阪)

 

 

高野山和歌山県



丹生神社(奈良県五條市西吉野町

 

 

明王院滋賀県大津市

 

紅葉には少し早い信貴山、そしてさらにその先へ(^_^)

 

 

タイトルどおりなのですが(笑)

 

去年も紅葉の時期に行っていたことを、ブログ記事見て思い出しました(笑)

 

 

nikomakoyoga.hatenablog.com

 

nikomakoyoga.hatenablog.com

 

 

敷地面積広いし、アップダウンもあるし、高台にあって景色もよいので、年に何度か行く信貴山

 

寅のお寺さんなので、寅年の今年はかき入れ時かも(笑)

 

 

ここからは、2022年11月中旬の信貴山の写真を。

 

駐車場やバス停がある、信貴山の入り口です。

見事な紅葉!

 

 

よくある構図(笑)

 

 

本堂から南東側を見ると鮮やかな赤(^_^)

遠くの方はもやがかかってます(^_^)

 

 

 

お寺から20分ほど登ると信貴山の頂上。

 

空鉢護法堂から南側には金剛山などが見えます。

気持ちいい~(〃'▽'〃)

 

 

 

で、今回はその先を目指しました。

 

信貴山奈良県生駒郡平群町)から高安山大阪府八尾市)まで、ハイキングコースでつながっているのです。

 

 

登ったり下りたり、信貴生駒スカイラインを横断したりして、到着!

眺望なし(^_^;)

 

 

 

お、これはなに??

まっしろ!

 

 

気象レーダー観測所でした!

 

全国20か所ある気象観測所のうちの1つがこんなところにあるとは知りませんでした。

 

昭和43(1968)年からずっと、ここから半径300kmの範囲の気象観測を担っているのだそう。

 

詳しくはこちら

www.city.yao.osaka.jp

建物、もっとじっくり見たかったなー

 

 

おなかが空いたので、信貴山のてっぺんまで戻り、お昼ごはんを食べていたら、高安山のてっぺん付近で登山コースについてお尋ねになった方と再会。

 

その方もここでお昼ごはん。

 

お話を伺ってみると【100名山まであと4座】というすごい人で、金剛山氷瀑や、高見山(奈良にあるマッターホルン)の霧氷の写真を見せて下さったり、山に関することを幅広く教えて下さいました。

 

 

話が弾み、

「明日、山の初心者さんを連れて、額田駅(近鉄奈良線)から生駒山登るけど、どう?」と。

 

私は

「2日連続で山登りするんですか!タフですね~(^_^;)」と間抜けな返事をしてしまいました(笑)

 

ベテランさんと一緒に山に登って、お勉強させてもらえる絶好のチャンスだったのに(笑)

 

信貴山の頂上でお別れした後は、たくさんあるお堂にお参りに(無事下山できたお礼を)。

 

 

躊躇うことなく座りました(笑)

 

 

観測所をじっくり見たいので、紅葉がもうちょっと進んだら、お天気のよい日にまた同じコースを歩きたいと思います(^_^)

 

信貴山のお寺の大きな銀杏と紅葉

ススキの名所 曽爾高原。上から見てみました(^_^)

 

 

奈良のススキの名所、曽爾高原(そにこうげん)。

 

大阪からだと車で2時間くらいかかります。

 

電車だとこんな感じ。

 

 

名張駅(三重県)がアクセス便利な方にはこんなきっぷも

www.kintetsu.co.jp

温泉に入るには、曽爾高原から下り坂を30分くらい歩く(^_^;)

 

 

アクセスがそう便利でもない曽爾高原ですが、ここ何年か、秋のススキの時期は周辺道路も大渋滞(^_^;)

 

こんなお知らせも発表されるくらいに。

 

1,祝日及び土日に関して 駐車場が満車、県道81号線からお亀の湯までの道が渋滞しております。特に12時から18時までが渋滞となっております 入館状況もかなり込み合っていますが駐車場へまず到着できない状況となっております。 曽爾高原も見ごろに突入しております。11月の3,5,6日に関しては同じ状況になることが予測されます 何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます

 

 

そんな曽爾高原に車で行ってきました。

 

早い時間だったので人がいない(^_^;)

 

 

最近、山歩きをするようになって、曽爾高原から見える山にも登山道があることを知りました(笑)

 

 

地図の④の亀山峠までは、普段着で登る人も多かったです。

 

この日は冷たい強風で、私は山用の服だったからよかったのですが、普段着だったら、きっと寒くて震える…(>_<)

 

 

亀山峠から左に折れると、登山のはじまり。

 

階段が整備されているところもあって歩きやすいです。

(しんどいけど(^_^;))


 

 

で、これが上から見た曽爾高原です(^_^)/

 

 

鎖場もあるくらい、結構な急登の場所もありました(^_^;)

 

 

登山道のさらに先には2つの山があります。

 

名前は【二本ボソ】と【俱留尊山(くろそさん)】といいます。

 

入山料をお支払いしておじゃまします。

 

 

二本ボソ方面から見た俱留尊山。

紅葉してます(^_^)

 

 

二本ボソから俱留尊山へはこんな道を登ります(^_^;)

 

 

心臓バクバクでてっぺんに到着(^_^;)



 

朝は道中、霧がたちこめていて、山は無理かなと(^_^;)

 

でも曽爾高原に到着するころには霧も晴れて(^_^)

 

 

山登りをしたことで、これまで見たことのなかった角度で、曽爾高原を見ることができました。

 

風が強かったけど、気持ちよかったし、楽しかった(^_^)

 

 

曽爾高原からの帰り道に【お亀の湯】という温泉があります。

 

ぬるっとしていてとてもいいお湯、体を癒すために入りたかったのですが、混雑していたようでやめました(^_^;)

 

レストランも混雑していました。(平日なのに)

 

私は曽爾村でとれた野菜や甘いものなどを買って帰りました(^_^)

 

 

春から夏の曽爾高原は、一面が緑色のじゅうたんに覆われたような景色に変わります。

 

秋のススキ色の曽爾高原もいいですが、春夏もおすすめです(^_^)