今日もよい日

今日もよい日

ストレスのお薬としてのヨガ。お医者さんたちも、ヨガと瞑想に注目しています。

インドの思惑…?ヨガが3つにカテゴライズされていく

 

 

ヨガはインド発祥なのはご存知かと思います。

 

そのインドが先頭に立って、ヨガを大きく3つにカテゴライズしようとしているのだとか。

 

 

その3つとは

 

1.一般的なヨガ

 

2.スポーツヨガ

 

3.WHOのヨガ

 

それぞれについて書いてみたいと思います。

 

 

一般的なヨガ

 

私たちの身近にあるヨガがここに入ります。

 

 

スポーツヨガ

 

ポーズの美しさとシークエンスを競うヨガです。

 

すでに海外で世界大会が開催されていて、日本人チャンピオンも誕生しています。

 

今後のスポーツヨガは、フィギュアスケートのような採点方式になっていくようです。

 

インドはオリンピック開催を目指していて、そこにヨガを競技として入れたいと目論んでいます。

 

インドのヨガ選手…、凄そうです。

 

中国でもヨガはすでに国家体育総局(スポーツ省的な)に入っていて、ヨガ=スポーツという位置づけ。

 

中国といえば、未来の体操オリンピック選手を育てる(=国威発揚愛国心につながる)ための国家プロジェクトとして、才能のある子どもを預かって柔軟人間を養成しています。

 

スポーツヨガが本当にオリンピック競技になったら、インドの強力なライバルになりそうです。

 

 

WHOのヨガ

 

統合医療(西洋医学と組み合わせて行う心身療法)としてのヨガです。

 

お師匠さんの言葉を借りると不妊治療から命の火が消えようとする瞬間まで。」

 

実は日本では ヨガは厚生労働省の中に入っています。

 

厚生労働省eJIM | 「統合医療」とは? | 「統合医療」情報発信サイト

 

ただし、ヨガだったらなんでもいいというわけではありません。(ここは非常に重要)

 

 

この記事に書いたMDアンダーソンがんセンターで行われているヨガも、統合医療、心身療法としてのヨガです。

nikomakoyoga.hatenablog.com

 

MDアンダーソンがんセンターでは、今ある症状を緩和させるために、医師と連携してヨガを治療に取り入れています。

 

名古屋大学医学部付属病院 総合診療科の【統合ヘルスケアチーム(西洋医学+さまざまな補完代替療法を組み合わせ、患者さんにとって最善の治療を)】にも、ヨガが入っています。

 

総合診療科 - 診療科・部門 | 名古屋大学医学部附属病院

 

 

医療としてのヨガ。WHOのヨガについては、今年中に何かしらの発表があるようです。

 

************************

 

強度順に並べると

 

スポーツヨガ → 普通のヨガ(ざっくり(^_^;)) → WHOのヨガ

 

という順になります。

 

この先どうなっていくか、ちょっと楽しみです。

 

私はスポーツヨガはしません(笑)

にほんブログ村 健康ブログ ヨガ教室・ヨガインストラクターへ

梅のよい香りがそこかしこに(^_^)

f:id:nikomakoyoga:20220302001807j:plain