今日もよい日

今日もよい日

ストレスのお薬としてのヨガ。お医者さんたちも、ヨガと瞑想に注目しています。

シニア世代に必要なのは【きょういく】と【きょうよう】。ジム辞めようかな とお考えのあなたへ。

 

 

【きょういく】【きょうよう】

 

漢字で書くと

【教育】【教養】

が真っ先に思い浮かぶと思います。

 

 

わざわざ ひらがなで書いたのは

『その漢字じゃないんですよ(^_^)』

というお話だからです。

 

 

ずいぶん前に企業向けの健康セミナーに参加した時、

シニア向けの体操教室をしている先生が

【きょういく】【きょうよう】について

お話になっていました(^_^)

 

 

 

答えを書くと

【今日行く】ところと

【今日用】があるところ

【きょういく】【きょうよう】です(^_^)

 

 

 

 

この春『スポーツジムを辞めようかな』と思っている方が多いようです。

 

無料で休会できる『特別休会制度』も終了し、これまで、コロナ感染のリスクを考えて、ずっと休会なさっていた方が『休むのにお金払うくらいなら、辞めちゃおうかな…』と考えているようです。

 

ゆるい内容の私のクラスがなくなる&移動することで「参加できるクラスがなくなるから」とお辞めになる方もいらっしゃるようで。

 

はたまた、コロナ不景気によって閉鎖するジムもあり、行き場がない方も…。

 

 

 

思い出してみましょう。

 

 

昨年の4月と5月、

スポーツジムの多くが休業しました。

 

ジムに通えない間、

ご自身で体を動かしていましたか?

 

6月になり再びジムに行けるようになったとき、

みなさんの体はどんな感じでしたか?

 

 

休業明け、クラスにご参加の方も「なんかしんどいわー(^_^;)」とおっしゃる方が多かったです。

 

その当時、ジム各社からは、インストラクター宛に

『休業明けなので、お客様の安全のため、強度を落とした内容にして下さい』

とお願いがあって、各クラス、強度を落としていたのです。

 

 

なのに しんどく感じる…。

 

 

これ、お休みの間に、

筋力も心肺機能も落ちてしまった証拠。

 

また、バランス能力が著しく低下しているように見受けられました。

 

4月、5月の2か月間、みなさんが外出自粛要請を守って、家でじーっとしていたことの弊害です。

 

 

休業明けから 10か月が経ち、みなさんの体力も休業前と同じレベルに戻ったかもしれません。

 

 

でも。

 

ここでスポーツジムをやめてしまったら、

再び脆弱化が始まり、

今度は元に戻す機会を失ってしまうのです

 

 

特にシニア世代の方にお伝えしたいのは

今日行くところ と、今日用事するところ

1つでも多い方がいい、ということです。

 

お買い物や図書館もいいですが、

スポーツジムにはメリットがたくさん。

 

運動するだけでなく、お風呂でさっぱりできて、お口のトレーニング(おしゃべり)もできる、という感じで、いくつもの楽しみを一か所で味わうことができます。*感染予防は忘れずに!

 

コロナでなんとなく孤独な時代になっていますが、

スポーツジムに行けば社会的なつながりも維持できます。

 

 

もっと言うなら、

 

ジムへ行くために、身なりを整え、家から出て、好きなウェアに着替え、楽しく動く。

 

参加できるクラスがなくても、普段の転倒予防のために、自転車をのんびり漕いでもいいし、マシンで筋肉に刺激を入れましょう。

 

帰り道、何かおいしいものでも買って、がんばった自分にごほうび(^_^)

 

これらすべてが体と心と脳によい刺激になります。

 

 

今日行くところ、今日事としてのスポーツジム。

 

できれば続けていただきたいな、と思います。

 

お金と筋肉は似ている=貯めるのは大変なのに

減るのは簡単であっという間(^_^;)

にほんブログ村 健康ブログ ヨガ教室・ヨガインストラクターへ

f:id:nikomakoyoga:20210323203458j:plain