今日もよい日

今日もよい日

ストレスのお薬としてのヨガ。お医者さんたちも、ヨガと瞑想に注目しています。

ほしいのは「強い声」

 

 

3週間くらい前、2月のあたまのことです。

 

お世話になっている施設で

「ここ、臨時休業になったりしないんですか?」

と責任者の方に尋ねました。

 

責任者の方は『え?何言ってるの』という怪訝な表情で

「そうはならないですねー」

とお答えになりました。

 

 

あれから3週間。

 

新型コロナウイルス、国内での感染者が100人を超えました。

 

これだけの人数になってくるともう、いつ感染してもおかしくないところまで来ているなぁと感じます。

 

 

あるクラスでは、こんなことを言いました。

 

「気になる症状がなくても、免疫力が落ちている自覚があるとか、持病があるとか、感染しないかなーと不安がある間は、ヨガのクラスに参加しない方がいいと思います。こんなこと言っちゃって来週、参加者ゼロだったら困っちゃいますけど(^_^;)」

 

 

 

新型コロナウイルスについては、現段階ではわからないことだらけ。

 

何年も風邪をひかず、これまでインフルエンザに罹ったことがない私でも、新型コロナウイルスによる肺炎を発症しないという保証は全くありません。

 

感染して、わかりやすく症状が出てくれたらまだいいのですが(嫌ですけど(^_^;))、養生などいろいろ気を遣って暮らしているので、感染したけど無症状 ということもあるかもしれません。

 

そうすると、クラスに来て下さった方たちに、ウイルスを無自覚に広めていくということも考えられます。

 

厚生労働省から私たち向けに、さまざまな発表がありますが、後手だし、後から検証すると間違っていたと思われる情報もこれまでにいくつか見られます。(その都度 訂正されていますが)

 

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省

 

 

 

強い声がほしい、というのは

『必要以外の外出は

   しないように!』

といった感じの、

政府や行政機関からの 強めのお達し のことです。

 

商業や経済活動が大事なのはわかりますが、何より大事なのは国民(私たち)が感染も発症もせず、元気でいること。

 

東京マラソンも一般参加がなくなったり、天皇陛下のお誕生日の行事も取りやめになったとニュースで見ました。

 

 

ウイルスをもらいたくないですし、ばらまきたくもない。

 

でも自分からクラスをクローズすることはできない。

 

 

私がヨガをさせていただいている施設も、建物まるごと、クローズになったら『しょうがないなー』と、みなさんもあきらめがつき、とりあえず、ヨガのクラスでの感染は防げます。

 

 

私のレッスンフィーは、クラスを実際に開講して、はじめていただくことができます。

 

クラスがクローズになると一銭も入ってきません。

 

それでも

 

私とクラスに参加してくださる人の健康と

新型コロナウイルスの感染防止が

何よりも大事だと思っています。

 

 

時間の経過とともに、治療法や何かよい手が見つかるかもしれません。

 

謎だらけの新型コロナウイルスについてわかってくることもたくさんあるでしょう。

 

 

とりあえず今月いっぱい、大きな力(声)で、不要不急の外出を控えるように言ってくれないかな、と本気で思っています。 (あまり長い期間続くと困りますが…。)

 

1日でも早く、全てが落ち着いて、

いつもどおりの安心したヨガの空間を作ることができたらいいなぁ…。

 

 

でも、専門家のお話を聞いていますと、半年以上は続きそうな気がします。

 

神経質過ぎるかもしれませんが、ここ最近の私がずっと思っているのは、こんな感じです。

 

 

 *******

 

 

・免疫力を落とさないために、身体を冷やさない(衣服、室温での調整)

 

・せっけんでの手洗いとアルコール消毒とうがい

 

・冷たいものは控えて、温かいものを飲み、食べる

 

・人混みは避ける

 

・睡眠を確保する

 

 

今できることはこんな感じでしょうか。

 

これらに留意して、お互いになるべく元気でいられるようにしましょう。

 

 

まとまりがなく 浅はかですみません

にほんブログ村 健康ブログ ヨガ教室・ヨガインストラクターへ

f:id:nikomakoyoga:20200218010317j:plain