今日もよい日

今日もよい日

ストレスのお薬としてのヨガ。お医者さんたちも、ヨガと瞑想に注目しています。

有馬温泉『太閤の湯』へ。紅葉も見事です(^_^)/

 

 

リニューアル工事が終わった『太閤の湯』に行ってきました。

 

f:id:nikomakoyoga:20191120223430j:plain

https://www.taikounoyu.com/

 

 

行くのは3回目です。

 

1回目は昨年の春。

 

その当時、大阪の難波あたりはインバウンド客で ものすごい混雑でしたが、その波はまだ、有馬温泉には届いておらず、温泉街全体がとても静かでした。

 

有馬温泉って、昔ながらの温泉街っぽくていいところだなぁ…』

と、しみじみと感じ入っていました。

 

 

2回目は昨年の秋。

 

その時にはもう、静かな有馬温泉ではありませんでした(^_^;)

 

梅田からバス1本(50分)で来れることもあり、でっかいスーツケースをガラガラと引き摺りながら、たくさんのインバウンド客(アジア系ばかり)が闊歩していました。

  

3回目の今回も、たくさんのインバウンド客が、有馬温泉に遊びに来ていました。

 

 コンビニに入ったら『ここは外国か(^_^;)』というくらいのたくさんの外国人観光客が買い物をしていました(笑)

 

 

 

10か月もの間、リニューアル工事のために閉館していた『太閤の湯』。

 

閉館前に行ったときに確か、お得なクーポンをもらっていたのですが、どっか行ってしまいました(笑)

 

『太閤の湯』は広い施設なのですが、動線が何やら難しくて複雑(^_^;)

 

思い出しつつ、私の楽しみ方を順番に書いてみます(笑)

 

 

f:id:nikomakoyoga:20191120222622j:plain

 

①入口を入ったら

靴を脱いで鍵付きの靴箱に入れます。

 

②フロントで受付

車で来た人は駐車券と、靴箱のカギをここで預けます。入館料を支払い、館内着の色とサイズを選択、説明を聞いたりすることがいろいろあるので、ここはいつでも行列(^_^;)  係の人によっては説明がやっつけ仕事っぽく、理解が難しかったり(笑)

館内着とタオルが入ったバッグを受け取ります。

 

③着替えます

館内着に着替えます。

フロントでもらったロッカーキーの番号を探してそこを利用します。ロッカールームは結構広いので、入り口の壁の案内図で、持っているキーの番号がどのあたりか目星をつけておくといいです(笑)

荷物はロッカーの中に。マイ化粧水などがある人は、タオルセットの入ったバッグの中に入れ持ち歩きましょう。ロッカーキーがお財布代わりになりますから、お財布は持っていく必要なしです。

 さあ、下の階に下ります。

 

f:id:nikomakoyoga:20191120222635j:plain

 

 

 

④お風呂 or 岩盤浴(または蒸し風呂)

岩盤浴大好きな私が『太閤の湯』でおすすめしたい順番(笑)は、

 

岩盤浴の予約

  ↓

さっと入浴

  ↓

岩盤浴(30分)

  ↓

本格的に入浴、という順です。

 

私は、営業開始時刻(10時)よりちょっと遅れて到着することが多いのですが、無料の岩盤浴はすでに30分待ちであることが多いです。

 

昼を過ぎてくると 1時間30分待ち になることも(^_^;) 

 

なので、館内着に着替え、下に下りたら、真っ先に岩盤浴の受付(大浴場入口そば)にいるスタッフさんに、ロッカーキーを提示&名前を告げて、岩盤浴の予約をします。

 

岩盤浴衣とバスタオルを受け取ります。

 

 

f:id:nikomakoyoga:20191120222939j:plain

(※ HPからお借りしました)

 

 

岩盤浴までの待ち時間を有効活用します(笑)

 

同じ階にある大浴場でゆっくり温まります。

 

私は露天風呂エリアにある 泉かけ流しの浴槽 に直行します 。

 

金泉に浸かってじんわりと温まってくるころ、だいたい20分くらい経ってますから、上がって、受け取った岩盤浴衣に着替えて岩盤浴受付に戻ります。

 

時間になると名前を呼ばれます。

 

いよいよ岩盤浴です。

 

中に入ったら、岩盤浴エリアいちばん奥の『金泉蒸し風呂岩盤浴の部屋へ直行です。

 

ここは金泉の蒸し風呂+ラジウム岩盤浴が楽しめるお部屋なのです。

 

ここは人気の部屋なので、空いていたらラッキー(笑) 

f:id:nikomakoyoga:20191120222705j:plain

(※ HPからお借りしました)

 

 

もう一つ『銀泉蒸し風呂岩盤浴があります。

 

定時にミストが噴出するらしいのですが、ここは寝っ転がってじんわり温まれる床の数が少なく、座って過ごすことになるので、私はパス(笑)

f:id:nikomakoyoga:20191120222718j:plain

(※ HPからお借りしました)

 

 

有料の岩盤浴にも行ったことがあります。

 

気兼ねなく温まりたい方は、有料の岩盤浴(太閤夢蒸楽:税別476円/30分)がいいです。

 

パワーストーンを使った岩盤浴があったりで楽しめますし、ガラガラなので、好きなお部屋でゆっくりじんわり岩盤浴を楽しむことができます。

 

私は行ったことがないのですが、貸し切りの岩盤浴というのもあるそうです。

 

 

 

私の岩盤浴の仕方

 

あらかじめ お水をたっぷり飲んでおきましょう。

寝る場所にタオルを敷きます。

 

うつぶせに寝る

   ↓

あおむけに寝る

   ↓

横向きになる(右・左)

   ↓

膝を立てて腰のところの隙間を埋めながら寝る

 

というのを、何分間かずつ一通りして、あとは適当に(笑)

 

全身いたるところが床に接地して、身体全体に温かさが伝わるように工夫しています。

先に露天風呂の金泉に浸かって身体を温めていますから、割と早く汗がぷわーっと噴き出してきます。

冷え性の方でお元気な方はぜひ、先にお湯の中で温まっておくといいと思います。

岩盤浴後の水分補給もお忘れなく。

 

⑤入浴

岩盤浴の後は、普段汗をかくことがあまりない手の甲とか腕からも汗が噴き出していて、びっくりします(笑)

全身くまなく汗びっしょりで気持ちいいです(笑)

 

身体をしっかりと洗い流して、お風呂に浸かります。

岩盤浴の前に金泉に入ったので、次は大浴場内の銀泉に入ります。

オーストラリアで採れたラジウム鉱石を追加して強化したらしい銀泉は、熱いエリアとぬるいエリアがあるので、私はぬるいエリアでのんびりします。

 

そこからは普通に、家でお風呂に入るように洗い場であれこれして、おしまい。

サウナや蒸し風呂もありますが、岩盤浴でしっかりと温まったのでもう入りません(笑)

 

このエリアで化粧水を塗ったり、ドライヤーで髪を乾かしたりするので、スキンケアセットはバッグの中に入れておくといいと思います。 ←私はたいてい最初の脱衣所のロッカーに置いてきてしまっていて、お風呂上がりに取りに走ります(^_^;)

 

⑥昼ごはんを食べる

館内にはフードコートとレストランがあります。

おすすめは レストランの方です。

フードコートよりちょっとお値段が張りますが、レストランの方が落ち着いてごはんを食べることができます。

どちらのお店も、私には少ない量ですが(笑)、レストランで提供される食事は、目でも楽しめるものですから、意外に満足感があります。

 

お昼ごはんを食べてのんびりしたら、入館からだいたい4時間くらい経ちます。

駐車場に車を無料で停められるのが4時間なのでちょうど退出する時間となります。

(食事などで2000円の利用があるとさらに1時間、金額によって最大で7時間まで停められます)

 

 

リニューアル?

 

10か月間休館して、リニューアルOPENしたのですが、3回目の私には、どこが変わったのかわかりませんでした(笑) 耐震工事かな。

 

膝の悪い方や歩きづらさを感じている人にとっては、全く優しくない施設だったので、そこを改善するのかな、と期待をしていたのですが…。

 

初めに館内着に着替えるところと大浴場は、階が違いますから、緩い階段をずーっと下りて行かなければいけません。

 

つまり、帰りは上らないといけないということ。

難儀している年配の方を何人も見ました。

 

そして、大浴場から露天風呂に行くには らせん状の寒い階段を、裸のままで上らなければいけません。

 

ストーブがところどころに置いてあって、常時ついていますが、ヒートショックやふらつきからの転倒がないか、少し心配な箇所です。

 

元気な人にとってはとても楽しめる温浴施設です。

 

何度もお伝えしていますが、水分補給はしっかりしましょう。

 

 

『太閤の湯』には3回行ってみて、だいたいどんな感じかわかったので、次に有馬温泉に行くのなら、前から気になっていた『古泉閣』に行ってみたいなと思っています。

  

古泉閣のご案内 | 有馬温泉元湯 古泉閣

 

自家源泉を持っている旅館で、日帰りでの利用ができます。

よい温泉と、こだわりの食材を使ったお食事を楽しめるという、夢のような場所です(^_^)

 

 

紅葉が見事でした(^_^)

 

『太閤の湯』から北の方向に 瑞宝寺公園 という場所があります。

 

 f:id:nikomakoyoga:20191120223457j:plain

 

2000本以上のカエデが植えられている、紅葉の名所なのだそうです。

 

紅葉の期間中なので、公園につながる道路が進入禁止になっていました。

 

手前のコインパーキングに車を停めて歩いていきました。

 

 

 

f:id:nikomakoyoga:20191120223523j:plain

f:id:nikomakoyoga:20191120223533j:plain

f:id:nikomakoyoga:20191120223546j:plain

 

然が織りなす鮮やかで素晴らしいグラデーション。

 

綺麗に整備されていますが、入場料などなく、無料です。

 

みなさん「綺麗ねー♪」と言いながら、写真を撮っていました。

 

ちょっと寒かったけど、立ち寄ってよかったです(^_^)

 

 

平日に、有馬温泉に電車でお出かけの方には、こんなチケットもあります ↓

 

有馬温泉 太閤の湯クーポン|お得な乗車券の詳細|阪急電鉄

 

 

11月いっぱい紅葉が楽しめるそうなので、ぜひ、秋の有馬温泉にお出かけになってみてはいかがでしょうか(^_^)

 

紅葉を見る方はあったかくしてお出かけください(^_^) 

  

 

おまけ 

f:id:nikomakoyoga:20191120223510j:plain

たくさんの小魚に足を食べられました(涙)

(正しくは『ドクターフィッシュに、足首から先の角質を食べてもらった』です(笑))

 

電気風呂が得意な人は楽しめると思います(笑)