今日もよい日

今日もよい日

ストレスのお薬としてのヨガ。お医者さんたちも、ヨガと瞑想に注目しています。

病院ラジオ

 

 

NHKで『病院ラジオ』という番組がありました。

 

サンドイッチマンのお二人が、がんの専門病院に臨時のラジオ局を開設し、流してほしい曲のリクエストを受け付けながら、その病院に入院、通院なさっている方からお話を聴くという番組。

 

合間には、病院での日常の場面も差し込まれています。

 

 

 

私は番組を見ながら、

 

 

泣きました。

 

笑いました。

 

 

感情が忙しかったです。

 

 

素晴らしいなと思ったのは

サンドイッチマンのお二人の、傾聴の姿勢

 

ラジオ局開局中にブースにきてお話をしてくれるのは

がんの患者さんやその家族です。

 

 

サンドイッチマンのお二人は

むやみに励ますこともなく

かといって悲しむわけでもなく。

 

フラットな感じで聴いているのだけど

ちゃんと寄り添っているという絶妙なバランス。

 

 

そして時々、笑いも。

 

話をしてくれている患者さん本人も楽しそうにしている人いて、これはサンドイッチマンのお二人相手だからだと思いました。

 

 

 

患者さん本人の強さには感服します。

 

告知を受けたときはきっと取り乱して

絶望もしたと思います。

 

その段階を乗り越えてきた人のお話は

どれも尊くて素晴らしい。

 

 

「なんか、なんか…。がんになっちゃったけど

           なんか幸せ っていう感じで」

 

と、小児がんになった小学生の女の子。

 

その言葉が出てくるまでに

どれほど泣いたりしたんだろうと想像するだけで

胸が痛くなります。

 

近くで聴いていたご家族も

「なんか幸せ」という言葉を聞いて、とてもうれしそう。

 

 

 

 

 ・・・うーん。

 

私が感想を書くとなんだかチープになってしまいます(^_^;)

 

 

  

再放送がある!と喜んでいたのですが、見間違いでした(^_^;)

 

再放送があったらいいのになあ…。

 

 

 

NHKをぶっ潰す!』という人たちもいらっしゃるようですが、この素晴らしい番組はNHKだからこそ作ることができた、と私は思っています。

 

 お読みくださいましてありがとうございます。

  

 

f:id:nikomakoyoga:20190807233327j:plain