今日もよい日

今日もよい日

ストレスのお薬としてのヨガ。お医者さんたちも、ヨガと瞑想に注目しています。

本物の(?)天人を拝むことができました(^_^)

 

 

奈良では夜半ごろから早朝まで、雨が降りました。

 

湿り気たっぷりの空気の中で、深い呼吸をしてみました(^_^)

 

ここ何日かバタバタとしていたのですが、気持ちが少し、ほーっと落ち着く感じになったので、雨の朝も悪くないなと思ってみたり。

 

 

かぐや姫の物語

 

七之助さんが御門(みかど=天皇)の声を務めたジブリの映画『かぐや姫の物語』。

 

七之助さんを好きになってからなので、リアルタイムから遅れること数年、DVDで何度も観ました(笑)

 

f:id:nikomakoyoga:20181202211604j:plain

これが御門(みかど)です。

声を担当する人に似せて、デフォルメしたのだとか。

七之助さん、こんなにアゴ出てないですけど(^_^;)

 

 

昔話の竹取物語同様、映画のラストは、月からお迎えが来ます。

そのシーンで流れている音楽がこちら。(※ 音が出ます)

 

 

 


かぐや姫の物語 天人の音楽 高音質

 

 

 

  

 

かぐや姫の物語』の中では 天人(てんにん)たちがこの音楽を奏で、阿弥陀如来かぐや姫を迎えに来ます。

 

仏教やヨガの哲学での輪廻転生を知っていても、涙が止まらないシーンなのです。

 

不思議な旋律と美しい音が散りばめられたこの音楽も、涙を溢れさせるお手伝いをしているのだと思います(^_^;)

 

どういうシーンなのか見てみたい方は、DVDを借りるか、ニコニコ動画で検索を(^_^;)

 

 

ここまでが前置きです。(長い(笑))

 

 

葛井寺(ふじいでら)

 

藤井寺でたまにお仕事をさせていただくのですが、近くに神社とお寺があるので、雨でなければ足を延ばします。

 

そのお寺が葛井寺。『ふじいでら』と読みます。

 

 

 

葛井寺に行ったら、こんなPOPを発見。

 

f:id:nikomakoyoga:20181202231713j:plain

 

本堂に向かう途中、左手に、いつもは閉まっている古いお堂(阿弥陀堂)があります。

 

この日は阿弥陀堂の5日間だけの特別開扉期間で、非公開の仏像を拝める最終日でした。

 

 

阿弥陀如来率いる 25の楽団・・・?」

 

POPの『阿弥陀如来率いる 25の楽団』という文字を見て『かぐや姫の物語』が思い浮かび、『もしかして?』と思い、入れていただくことにしました。

 

そして、この『もしかして?』は正解だったのでした(^_^)v

 

拝観料を納めたときにいただいた案内に、以下のように書いてあったのです。

 

映画ジブリかぐや姫」の最後のシーンには西方の国から阿弥陀如来と25菩薩のオーケストラが音楽を奏でながら「姫」をお迎えに来られました。

制作年代不詳ながらこのように立派にそろっている仏像は珍しい。

 

 

そしてお寺のHPにも

 

阿弥陀如来と二十五の菩薩をおまつりしております。極楽浄土への来迎を表します。来迎の絵画等は比較的よく目にしますが、二十五菩薩の仏像は非常に珍しい仏像群です。

 

とありました。

 

二十五菩薩 = 天人 ということです。

 

 

 

受け付けのお坊様が「今日は特別に写真も撮り放題です(^_^)」とおっしゃったので、遠慮なく(笑)

 

しかし、ガラスに守られているのと、やっぱり仏様にカメラを向けるのはどうかなあと思ったりしながら、それぞれ1枚ずつだけ撮らせていただきました(^_^;)  ← 小心者

 

f:id:nikomakoyoga:20181202232830j:plain

中央に阿弥陀如来さまが。ここだけガラスがないのです。

 

 

f:id:nikomakoyoga:20181202232610j:plain

向かって右手の菩薩群。私の守り本尊もこの中に。お名前は知っていましたが、初めての対面(笑)

 

 

f:id:nikomakoyoga:20181202232506j:plain

向かって左手の菩薩群。細長い棒状のものを持った、お薬関係の仏様が何体かいらっしゃいます。

 

左右合わせて24の仏様がいらっしゃるのですが(一体は別の場所に)、やはり楽器を持っている方が多いです。

 

 

 

f:id:nikomakoyoga:20181202233834j:plain

かぐや姫の物語』に登場する天人の楽団がこちらです。

 

 

本物の『阿弥陀二十五菩薩来迎図(あみだにじゅうごぼさつらいごうず) 』です。月からのお迎えの場面はこれを下地にしています。

(どちらもネットからお借りしました)

f:id:nikomakoyoga:20181203000037j:plain

 

 

かぐや姫の物語』の中で奏でられていた天人の音楽を思い出しながら仏様を丁寧に見ました。

 

そして運のいいことに、他に拝観する人が誰もいない時間だったので、赤いじゅうたんの上でちょっとだけ瞑想を。贅沢な時間でした。

(瞑想を終えたあと、まだ仏様を眺めていたら、10人ほどの人がどどっと入ってきたのでした(^_^;) )

 

 

西国三十三所 草創1300年記念 特別拝観

 

 

f:id:nikomakoyoga:20181202235041j:plain

貼られていたポスターです。

 

2016年から2020年まで5年間にわたり、西国三十三所各札所では、普段は非公開のお堂や諸尊のご開帳、および庭の公開や寺宝の観覧などを行います。

とのこと。

 

葛井寺以外は奈良のお寺さんですが、残念なことに、この日が2018年の各お寺の特別公開の最終日。

 

 

でも、藤井寺葛井寺)に出掛けたタイミングで、本物の天人を目にすることができて、私は運がいいなあとしみじみと思ったのでした。

 

 

1年のおしまいの月にご褒美の時間をいただき、穢れが払われたような(笑)

 

お寺の住職さまもたまたまいらっしゃいまして「この前のダウンタウンのテレビにこの寺が出たんですよ(^_^)」とお話をしてくださり(=水曜日のダウンタウンという番組での、千手観音の手は1000本ない説→調べると、葛井寺の千手観音には1041本の手があった(笑))、またお手伝いの方も『西国三十三所 徒歩巡礼 法灯リレー』のお話を聞かせてくださいまして、いつもより充実した、ありがたいお寺参りとなりました。

 

serai.jp

千手観音は葛井寺のご本尊。毎月18日に拝むことができます。

 

いつもありがとうございます