今日もよい日

今日もよい日

ストレスのお薬としてのヨガ。お医者さんたちも、ヨガと瞑想に注目しています。

新しいクラスを始めます

 

 

11月です。

新しい月のはじまりです。

 

今朝の奈良の最低気温は7.7℃。

昨晩から毛布を使い始めたのですが、大正解の朝です。

 

晩は冷え込むようになりましたが、昼間にひなたにいると、おひさまのありがたさをしみじみと感じることができます。

 

木の葉の色も、鮮やかになってきましたね(^_^)

 

 

 

本題です

 

11月から月に2回、平日の昼に 椅子ヨガ のクラスを新しく始めることにしました。

 

 クラスの詳細はこちらです

 

 

  

きっかけ 1

 

 NHKが示したヨガのよさと、伝えきれなかったこと。 - 今日もよい日

 

こちらの記事に詳しく書きましたが、NHKの番組でお医者様たちが、ヨガにはさまざまなチカラがあるよ、ということを証明して下さったことが最初のきっかけです。

 

これまで、自分自身の体感として、また、ヨガをお伝えする側から見てきたこととして、ヨガを継続することでさまざまなよい変化が起こるのはわかっていました。

 

これまで朧気な感じだったよい変化について、お医者様たちが科学的に検証してくださって、まだヨガに触れたことがない方の心にも響くように番組を作って下さったことは、とてもありがたいことでした。

 

 

きっかけ 2

 

3年くらい前、お世話になっているスポーツクラブであったお話です。

 

ある月末、いつもクラスに来てくださっていた女性が「今日で最後なの・・・」と声をかけてくださいました。

びっくりして「お引越しでもなさるのですか?」と聞きましたところ、「最近、先生のヨガについていけなくなってきて・・・」と。

 

私のクラスは激しいヨガではありませんが、その方は加齢とともにだんだんと膝が痛むようになり、マットの上に座っているのが辛くなったのだそうです。

 

「十数年もの間、ここ(スポーツクラブ)に在籍していて、エアロビクスやステップなど、いろいろなスタジオクラスに参加していたけど、年を取っていくうちに参加できるクラスが少なくなっちゃって、最近は先生のヨガだけ参加していたの」ともおっしゃっていました。

 

「マシントレーニングで筋肉を強くすることもできますよ?」とお伝えしたのですが、もともとマシントレーニングはあまり好きではなくて、スタジオレッスンに参加するのが楽しみだったそうで、退会を決めたということでした。

 

 

そしてその後も、「膝や腰の調子が悪くなってしまって、ヨガに参加できないんだよね」というお話をいろいろな方からお聞きするようになりました。

 

 

私の想い

 

ずっと努力して健康を維持してきて、この先も元気でいるために運動をしたいのに、膝や腰の痛みであきらめてしまう。

とてももったいないことだなと思います。

 

40歳を超えると、毎年1%ずつ筋肉が減少していくのだそうです。

筋肉の減少は、何も手を打たなければ、将来的には歩けなくなることに直結しますし、普段の暮らしも不自由になっていきます。

 

筋力の低下から、ちょっとした段差でつまずき、寝たきりになる、なんてお話もお聞きになったことがあると思います。とても恐ろしいことです。

 

そうならないように、先手を打ちたいのです。

 

 

サルコペニアのお話

 

サルコペニアという言葉を聞いたことがある方もいるかもしれません。

筋肉減少症を示す造語です。

加齢や疾患によって、筋肉量が減少することを指します。

 

筋肉量が減ると身体を動かすのが億劫になり、運動不足に陥ります。

 

運動不足が続くと、アルツハイマー認知症のリスクが高まります。

脳卒中脳梗塞につながる、動脈硬化のリスクも高まります。

 

年齢に関係なく、身体が動くうちから運動する習慣をつけておきたいものです。

 

 

そこで椅子ヨガです

 

6年くらい前、街中のカフェで椅子ヨガのクラスを開催していた時期がありました。

その頃はまだ、とてもお元気な方たちに椅子ヨガをお伝えしていました。

 

超高齢化が進み、先ほど挙げたように、膝や腰の痛みで運動やヨガをあきらめる方が私の周りでも増えてきました。

 

せっかくの貯筋(筋肉量)を減らしてほしくはないのです。

 

座ったままでできる椅子ヨガなら、そんなみなさんのお役に立つのではないのかと思いました。

 

 

ヨガというとポーズをとることを連想されがちですが、私がお伝えする椅子ヨガではむずかしいポーズはしません。

そして、ポーズの美しさにもこだわりません。

 

椅子に座ったままじんわりと筋肉を刺激しながら、身体の柔軟性と、いつまでも自分で歩ける足腰を維持していくことを目的にします。

 

足腰が強くなることは、転倒予防にもつながります。

 

呼吸法を行うことで肺の機能も強くなりますし、瞑想で脳の機能改善(認知症予防)を目指します。

 

 

************************ 

 

 

こむずかしいことをつらつらと書きましたが(^_^;) 、私自身が楽しいことが好きなので、椅子ヨガのクラスも、来てくださる方にとって楽しい時間になるといいなあと思っています。

 

 

椅子ヨガの教室は なんばパークスで開きます。

 

なんばパークスには、季節のお花が咲く都会の庭園もあり、お散歩するのにもとても気持ちのいいところです。

 

f:id:nikomakoyoga:20180519192935j:plain

 

 

 こんな方におすすめ 

 

・身体が硬いからヨガは無理だと思っている

・ヨガをしてみたいけど、膝や腰に痛みがある

・夜、眠りが浅くて困っている

・最近、動作が遅くなってきた

・自分の脚でしっかり歩きたい

・おしゃべりしながら楽しく身体を動かしたい

 健康寿命を延ばしたい

 

そんな方にぜひ来ていただきたいと思っています。

性別、年齢は問いません(^_^)

 

 

聞いてみたいこと、心配なことなどがありましたら、このブログの右側の [お問い合わせ] から、遠慮なくメッセージをいただけたら(^_^)

 

(ご家族からのご相談もお待ちしています(^_^))

 

f:id:nikomakoyoga:20181030155542j:plain

いつもありがとうございます