今日もよい日

今日もよい日

ストレスのお薬としてのヨガ。お医者さんたちも、ヨガと瞑想に注目しています。

寒い夜に 足湯はいかがですか?

 

 

ふとんに入っても、足が冷えていて眠れない

 

足が冷たいので、寝る時も靴下を履いて寝ている

 

 

冬になるとそんなお話をよく伺います。

 

 

私も子供のころ、足が冷えて寝付けなかった経験があり、お気持ちはよくわかります。

 

今ではヨガのおかげ(クラスでは足指を動かしますし、深い呼吸をします)か、ストレスが減ったのか、足が冷えることはなくなり、靴下なしでもぱたっと眠りに就くことができます。

 

 

 

なかなか寝付けません

普段から足先が冷えて困っています

足がむくんでいます

 

という方に、ぜひ試して頂きたいのが 足湯 です。

 

お布団に入る直前に、温かいお湯の入った浴槽で足を温めるだけでもOK!

 

ここでは、足つぼマッサージの人に教えていただいたやり方を書いておきますので、よかったらお試しください(^_^)/

 

 

用意するもの

 

▪バケツ または 洗面器

▪お湯

▪差し湯用に熱いお湯が入ったやかん(やけどにご注意ください)

▪タオル

▪バケツの下に敷くマットなど(お湯をこぼしても大丈夫なように)

 

やり方

 

1.バケツや洗面器に普段のお風呂より少し熱めのお湯を張ります。

 

2.つま先で温度を確かめながら、そーっと足を入れます。お湯の高さは深いほうがよく温まりますが、足首くらいまででも大丈夫です。

 

3.お湯に脚を浸してのんびりしているうちに、お湯がぬるくなります。ぬるくなってきたら、足を浸けたまま、やかんの熱湯を少しずつ足して適温にします。(足に直接熱湯が当たらないように)

 

4.またぬるくなったら、熱湯を足します。

 

5.再度ぬるくなったらおしまい。足の水分を綺麗に拭き、水分補給しましょう。

 

 

1から5まで、だいたい20分くらいです。

 

 

お湯の温度がぬるくなったら、熱いお湯を足す、というのを

2回繰り返すのがポイントです。

 

足つぼマッサージの先生が教えてくださいました。

 

2回繰り返すころには、私の場合は額に汗が浮かびます。

(冷えが強い方は、汗が出ないかもしれません。)

 

 

しっかり足を拭かないと、また冷えを呼び込んでしまうので、しっかりと拭き取りましょう。

 

もし、身体も汗ばんでいるようであれば、身体の汗も拭き取り、衣服も取り替えましょう。

(汗をかきたくない方は、時間調整なさってください)

 

 

温かいお湯に足をつけている間は、ふとももからタオルをかけたりしておくと、冷えを防ぐことができます。

 

本を読んだり、お水を飲みながら、のんびり足湯を楽しみましょう。

 

 

足が温まることで、身体も温まり、免疫力が上がります。

 

血流もよくなりますので、疲れやむくみも取れやすくなります。

 

リラックスもできますから、眠りに就きやすくなります。

 

 

足の冷えにお悩みの方、どうぞお試しください(^_^)/

 

 

f:id:nikomakoyoga:20180116222917j:plain

 

私の家の、足湯専用のバケツ(?)です。

足が大きくても大丈夫のサイズ。

30cm定規を置いてみました(笑)

週に1~2度、足湯をすると調子がよいようです(^_^)

 

ご訪問ありがとうございます

 にほんブログ村