今日もよい日

今日もよい日

ストレスのお薬としてのヨガ。お医者さんたちも、ヨガと瞑想に注目しています。

 

ご訪問ありがとうございます。

大阪と奈良でヨガのインストラクターをしている有働 真琴(うどう まこと)です。

 

今の時代、たくさんの人が、身体の健康と心の安定を願っています。

そんな願いに対して、ヨガでお手伝いできたらいいなと思い、勉強を続けています。

 

 

このページは、募集中のクラスのご案内、自己紹介など、つらつらと書いています。

少し長いですが、どうかお付き合いください。

 

*すぐにブログを読みたいという方は、ブログのタイトルである『今日もよい日』(いちばん上の大きな字)をクリックしてください*

 

 

このブログについて

記事は次の5つのカテゴリーに分類しています。

サイドバーから選択できます。

 

ヨガ…ヨガに関連すること

季節の養生法…その季節を元気に乗り切るための暮らし方や、ツボなどの東洋医学のお話、信用できる健康情報など

歌舞伎…大好きな中村屋兄弟(勘九郎さん&七之助さんの公演など)について

日々のあれこれ…お出かけしたお話など 日記のようなもの

お知らせ…イベントなどの告知用ページ

 

ヨガ季節の養生法は、ヨガのクラスでお話をしていることをおさらいできるように、わかりやすく書いているつもりです。

 

 

ヨガをしてみたい方へのお知らせ(現在募集中のクラスです) 

NEW!! 

◆生駒市の美楽来さんで秋から3か月限定の椅子ヨガ講座をします。

やさしい椅子ヨガ講座

申込受付期間:9月10日(火)~15日(日)

郵便番号・住所・氏名・電話番号・講座名を明記し、メールmiraku-info@ikomashi-sg.jpもしくはFAX(74-1220)にて芸術会館美楽来講座受付係りまで。当選後、窓口にてお手続きをお願いします。

講師/有働真琴さん(ヨーガ・セラピスト)

開講日/10月3日・17日、11月7日・21日、12月5日・19日(いずれも木曜日)13時~14時30分

定員/(抽選制)20名

受講料/(全回分)11,220円(税込)

お問い合わせ/ 芸術会館 美楽来 TEL:0743-74-1101

 

 

◆普通のヨガのクラス

季節の養生法に合ったヨガのポーズを取り入れています。身体が硬い人でも安心。 

☆春夏秋冬のヨガ|大阪府で習い事なら、JEUGIAカルチャーセンターなんばパークス(大阪|難波|なんばパークス)

 

◆マインドフルネス瞑想のクラス

ヨガの瞑想とマインドフルネス瞑想を取り入れたクラス。

☆マインドフルネス~いまここヨガ|大阪府で習い事なら、JEUGIAカルチャーセンターなんばパークス(大阪|難波|なんばパークス)

 

◆椅子ヨガのクラス

足腰に不調がある方にヨガの心地よさと楽しさを知っていただけたら。

脳も元気に やさしい椅子ヨガ|大阪府で習い事なら、JEUGIAカルチャーセンターなんばパークス(大阪|難波|なんばパークス)

 

 

ご質問などがありましたら、ページの右側にある『お問い合わせ』から、お気軽にメッセージをお寄せください。

お仕事のご依頼もお待ちしております。

 

***************

  

ここからは自己紹介です。

 

 

ヨガインストラクターとしての私

 

勤務していた運動療法施設が大手スポーツクラブに売られ、私はそのスポーツクラブのスタッフとなりました。

ピラティスのクラスをしていたのですが「ヨガのクラスを持ってほしい」と言われ、そのスポーツクラブのオリジナルのヨガの研修に出掛けたことが、ヨガインストラクターとしての始まりでした。

でもこの研修、たった3日!

1日7時間の研修×3日なので、全部で21時間です。マニュアルを頭と身体に徹底的に叩き込み、試験に合格し、クラスを持つこととなりました。

たった21時間の付け焼刃ヨガインストラクター。実際にヨガのクラスをしてみるとなんか違うなあという感じがありました。それは来てくださっているお客様にも伝わっていたかもしれません。

違和感と、知識&経験不足を解消したくて、あちこちへお勉強に出掛け始めました。

勤務するスポーツクラブのヨガの先生方のクラスにもおじゃましましたし、たくさんのヨガスタジオにも。

 

1年ほどしてスポーツクラブのスタッフを辞めるのと同時に、フリーのヨガインストラクターになりました。

これでマニュアルに縛られない、自由なヨガのクラスができると思いました。

しかし、すぐにたくさんのお仕事に恵まれるわけでもなく。時間だけはあったので、お勉強はずっと続きました。ヨガだけでなく身体のことや、東洋医学、心理学、お寺での瞑想など幅広く。

アシュタンガヨガは3か月で挫折し、アイアンガーヨガのクラスへは3年ほど通っていました。ヨガインストラクターの養成スクールにも2つほど通ったりもしました。

私のクラスの内容も、お勉強するヨガによって、そのときどきで変わっていきました。

ずっと続いていた模索の旅は終わり、今は伝統的なヨガを学び続けています。

 

 

経験的に『東洋医学はいい』と思う私

 

漢方

5~6歳くらいのころ、重度のアトピー性皮膚炎に罹りました。西洋医学の塗り薬や飲み薬ではどうにもならず、母が頼ったのが近所の古くからある漢方薬局でした。そこで出してもらった漢方薬を飲み続けていたら、半年ほどで跡形もなく綺麗に治りました。

 

お灸(せんねん灸)

中学生のころ、部活動に熱心に取り組んでいました。膝が痛くなり、病院では「成長痛」の一言で片づけられました。母が近所の薬局に相談したところ、『せんねん灸』を勧められました。ツボのことはよくわかっていませんでしたが、痛みのあるところにお灸を据えていたら、あれほど痛かった膝が痛くなくなり、パフォーマンスも上がりました。

 

高校生になっても部活動は熱心に続けていました。いつのまにか腰痛持ちになりました。のちに椎間板ヘルニアと診断されるのですが。

毎週のように出掛けていた競技場の救護室には鍼の先生が常駐していて、その先生にお世話になっていました。

競技をやめてからは、よいと言われる鍼灸院や整体をジプシー。灯台下暗しで、最終的には近所の鍼灸院でお世話になり、腰や首の症状だけでなく、顎関節症にも鍼が効くということを体験しました。

 

こんな感じで子どものころからずっと、東洋医学はいつも私のそばにありました。

最近になって、東洋医学が身体や心に効くメカニズムが、テレビ番組や雑誌でも取り上げられるようになりました。私が経験してきた東洋医学の恩恵が科学的に証明されつつあるのです。

ヨガインストラクターになっていなかったら、鍼灸の学校に行っていたかもと思うくらい、東洋医学は私にとって身近で、なくてはならない存在。好奇心を持って勉強をしています。

 

 

私のヨガのクラスについて

 

伝統的なヨガと東洋医学は親和性が高いと感じています。

ヨガのクラスでは、簡単なツボ押しなど、東洋医学のよいところを取り入れ、西洋医学の新しい情報などもお伝えしながら、ご自身の身体や心に意識を向けていただくようにしています。

 

『5年後、10年後も元気に動ける身体と心』がテーマ。

 

・心と身体を健やかに

・ストレスの軽減

・健康長寿(ロコモ予防&認知症予防)

 

などを目標として、伝統的なヨガをベースに、大阪と奈良で、楽しく、のんびりとしたクラスをしています。

 

どのクラスも、ヨガが初めての方、運動が苦手な方、身体が硬いという方でも安心してご参加いただけます。

健康で楽しく、穏やかに暮らすためのお手伝いができたらいいなと思っています。

 

ご縁がありますように。

 

 

有働 真琴(うどう まこと)